<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

3月12日 桜の花が咲いた

このところ、温かい日々が続いているせいでしょう、千葉スポーツセンター(スポセン)の桜がすでに開花しています。

モノレール駅に近いこの辺りの桜は、日当たりが良く、毎年早く開花するので、買い物に出かけた帰りに通ってみたら、案の定七分咲きになっていました。

「さつき」

スポセンの桜

satsuki-net * - * 12:05 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

月の砂漠記念像

御宿

satsuki-net * - * 22:07 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

御宿の「つるし雛めぐり」

昨日まで「さつきJr」の中で極寒に耐える生活をしていたのに、今日は一転してとても暖かくなりました。

新聞の千葉版で外房御宿「つるし雛めぐり」が開催されていることを見つけ、出かけることにしました。1時間半ほどで御宿に到着、メイン会場の「月の砂漠記念館」に駐車してから、20か所以上ある町中の展示を見てまわることにしました。

御宿は空地の多さが目立つ小さな寂しい町で、バブル期に建てられたリゾートマンションには空き家の多さが目立っていますが、今日は普段見られないような数の観光客が闊歩していました。町中総出で「町おこし」に努力している雰囲気に満ちていました。22日からは「かつうらビッグひな祭り」と合同開催になるとのこと、さらに賑やかになりそうです。

気温が高く、少し汗ばみながらも小さな町を一巡り、昼食に「海鮮定食」を食べて、震災前まで何度も通った海域を「月の砂漠公園」から懐かしく眺めてから、千葉に帰って来ました。

「さつき」

吊るしびな

     メイン会場に展示されている「つろし雛」の一部

satsuki-net * - * 21:20 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

佐野厄除け大師にある金色の釣鐘

金の釣鐘

satsuki-net * - * 21:25 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

佐野厄除け大師

先月(12月)に黒磯の実家に行った時、敷地内を通る上水道の本管に水漏れが見つかったので、市役所に通告し、工事の開始を見届けてから帰ってきました。

その後、新年を迎えたり、スキーに行ったりと、黒磯に行く機会が無く、ずっと気になっていました。

一昨日に、いわき市の娘の家に立ち寄ってから黒磯に来て、まず水道関連をチェック、水勢が強くなり全く問題ないことにホットしました。

しかし、黒磯は寒い、二晩で千葉への帰路に就くことにしました。

帰途に佐野SAで高速を降りて、ここから4Kmほどの佐野厄除け大師こと「惣宗寺」に向いました。初詣の時期には大変賑わっていたのでしょう、寺に近づくと周囲は臨時の駐車場がいっぱい、あまり広くない境内は混雑による事故を避けるためか、全面一方通行になっていました。テレビやラジオでの宣伝の効果があったのですね。

正月も月末で、幸いにも全く混雑していなかったけど、一方通行を守りながら早々と参詣を済ませました。

「さつき」

惣宗寺

       一方通行の垂れ幕が残る「惣宗寺」の境内

satsuki-net * - * 21:22 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

麻生ヨットクラブ

茨城県行方市麻生の「天王崎公園」は霞ヶ浦・西浦の東岸にあります。

筑波山や湖に沈む夕日が見られる風光明媚なこの場所で活動しているのが「麻生ヨットクラブ」です。

「さつき」は1974年の創設直後から所属していて、永年セーリングを楽しんできた水域です。

昨年末にホームページを作りましたので、下のURLまたはQRコードから参照してください。

URL は https://asoyachtclub.wixsite.com/namegata

   

 

「さつき」

satsuki-net * - * 09:27 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

重さんが亡くなりました

1996年のアトランタオリンピックに木下さんとのペアで参戦して、470級セーリング競技で日本選手初の銀メダルを獲得した重由美子さんが亡くなったとのニュースがありました。

私はオリンピックの時には組織委員会のスタッフとしてアトランタに滞在し、各会場の準備作業をしたり、大会期間中には主にMPC(メインプレスセンター)に居て各競技の記録をチェックしていました。セーリング競技11レースの途中経過を見ていて、周囲の人達に「日本は初メダルを取りそう」と言ったら、誰にも信じてもらえませんでした。

その後、2000年5月に銚子で開催された「モス級世界選手権大会」の大会本部となった銚子マリーナにゲストとして来られました。その時、私はオリンピックスタッフのシャツを着てお会いしましたら、彼女は私のシャツを見て「すごく懐かしい!!」と喜んでいただいたことが思い出されます。一緒に写真も撮りました。

佐賀県のヨットハーバーで元気にしているものと思っていましたのに、53歳の若さで逝ってしまいました。

ご冥福をお祈りします。

「さつき」

重さん

          選手歓迎会で挨拶をする重さん

satsuki-net * - * 17:37 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

今年の「観光帆引き船」は終了

9月から3か月にわたり週末に実施していた「観光帆引き船」が今日で終了です。

時々、ヨットクラブの会員として受付業務を手伝っていましが、風が強すぎて中止になったり、風が無くて帆を揚げられなかった事もありました。

それでも期間中多くの観光客(主に大きなカメラを持った写真マニア)の方達に楽しんでいただけたようです。

昨日は期せずしてオリンピック仲間のKWNさんが来られ、少しだけ雲が多かったけど、この週末4回の操業中で最高の景色をカメラに収められたようでした。

今日は一段と空気が冷えて、セーリングライフからスキーライフに移行する時が近づいている感じがします。

そろそろスタッドレスに履き替えることを考えなければ・・・。

「さつき」

 

satsuki-net * - * 21:15 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

帆引き船

帆引き

satsuki-net * - * 23:13 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

10月28日 茨城国体・リハーサル大会

今週は特に忙しい一週間でした、先週木曜日に麻生から土浦港に船で移動し、先週土曜日の小学校の「学習発表会」参観のため、いわき市を車で往復、日曜日にはセーリングレースに参加、いったん陸路で千葉に戻ってから、火曜、水曜と二年毎に集まっている大学寮の同級会旅行、そして25日に陸路で土浦港の「さつきJr」に戻って来ました。

来年の9月に開催予定されている、「茨城ゆめ国体」のセーリング競技のためのリハーサル大会が、この金土日曜日の3日間、阿見町沖の水域で行われました。

霞ヶ浦で活動している「さつきJr」は海上警備艇として大会に協力していました。

レース水域の外側に居て、水域に入って来る無関係な船を阻止するのが役目でしたが、幸いにも涼しい気候になったためか、無関係な船はほとんど出て来ずに、じっと水上からレースの進行と周囲を見渡していた3日間でした。

それでも遠目ながら選手達のセーリングテクニックを見ることが出来、今更ながら大変勉強になりました。

寒気が降りて来ているので、今夜は船内で「一人鍋」でもして、明朝に麻生に帰る予定です。

「さつき」

リハーサル

 

麻生ヨットクラブのホームページを開設しました。

URL = https://asoyachtclub.wixsite.com/namegata

satsuki-net * - * 18:16 * comments(0) * trackbacks(0) * - -
このページの先頭へ