<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

11月17日 麻生から土浦へ

明後日の19日は土浦の最終レースです、9月と10月は台風のため参加できませんでしたが、今月はレース後に納会もあるので是非参加したいと今日麻生に来ました。

天気予報をチェックすると今日は穏やかな晴天、明日は一日中雨模様、急いで出港準備をして12時ちょうどに離岸しました。案の定湖面は鏡のよう、ジブは揚げずメインのみでオーパイを310度にセットしての機走となりました。

用心のために着込んだ防寒着も脱いで、コックピットで買ってきた巻きずしでユックリ昼食をとりながらルンルン・クルージングを楽しんでしまいました。

揚水場まで来ると少しだけ風が出て来たけど向かい風なのでジブは揚げずに15:30いつもの土浦の完璧に着岸しました。今夜はここでユックリします。

「さつき」

昼食

                お寿司とお茶、コックピットの昼食

satsuki-net * - * 21:14 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

麻生ヨットクラブのクルーザーレース

今年の5月から毎月第一日曜日にクラブ員たちが集まってクルーザーレースをしていて、今日は今年の最終戦で土浦からSEKさんも合流してくれました。

本当に久しぶりの晴天の休日です、地元テレビ局のカメラを気にしながらのスタートになりましたが、風が穏やかなので迫力のある映像は撮れたのでしょうか心配です。多くの船が陸地側に向かって行ったので「さつきJr」は少しでも風のありそうな水面を探して沖の方へ、風はどんどん弱くなる中一時はトップに立ち他の船の写真を撮ったりして余裕のセーリングでした。上マークへの最後のアプローチをしているとほとんど無風になり船は完全に止まってしまいました。

一時は風が無いためと我慢していたけど、他の船は少しずつ動いています。まさかキールが湖底に着いたのかと考え船をヒールさせたりゆすったりしても全く動き始まりません、30分ほど奮闘していたでしょうか?、船底のほうから白いポリタンクが現れ船が動き始めました、ポリタンクのロープがキールに絡んでいたようです。

もう他の船は全艇上マークを周り終わり、2レグニ短縮されたゴール向っています、最下位確実でも最後まで走ろうと上マークを周ってからは今日は他の船が使っていないスピンを揚げてゴールラインにまっしぐら。やはりスピンの威力は凄い、一時は3位にまで順位を上げてこのままゴールかと思っていたけど寸前で風向きが変わり一度抜いた船に抜き返され4位でゴール、あの30分はなんだったのだろうか?

港に帰り艤装解除した後「白帆の湯」で遅い昼食を食べながら納会となり、年間成績で準優勝の賞状をいただきました。

2週後は土浦でも最終戦と納会があり楽しみがまだ続きます。

「さつき」

麻生

鏡のような水面で皆我慢比べのようなレース、この時点ではトップでした。

satsuki-net * - * 21:41 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

今夜のメインディッシュのステーキ

毎回シェフが腕によりをかけて提供してくれています、メインはステーキの上に焼いたフォァグラが乗っています。最後のデザートのモンブランまで食べたら腹一杯、メンバーは年寄が多いのでもっと軽くても満足なのに。

「さつき」

ワインの会

satsuki-net * - * 23:43 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

おいしいワインです

6年前に開かれた市民大学の流れで3か月ごとに開かれるワインを楽しむ会に参加しています。

普段あまり飲まないような一本ン千円から一万ン千円の高級ワインを5種類ほど専門家のうんちくを聞きながら味わう会です。

確かに大変おいしいワインばかりで心地よく酔えるのですが、私には値段の違いがよく判らない!!、コストパフォーマンスだけを考えれば焼き鳥に焼酎の方が好みです。それでもおいしい料理を食べながら宿泊費も込みで一万円チョットでホンワカできました。

「さつき」

ワイン

satsuki-net * - * 23:41 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

時計を新調

Book offで消費税込みで540円で新しい時計をゲットしました。

新しい時計

satsuki-net * - * 19:46 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

9月11日 ポルターガイスト現象か?

このところ船の壁に掛けてある時計の遅れが気になっていました、時計の他に温度計と湿度計、おまけに曜日計もついているのに600円程度の廉価で手に入れた時計なので仕方ないかなぁと諦めていたのですが、電池を替えても一週間留守にしていたら30分以上も遅れています、砂時計でもこれほどは狂わないでしょう。

今朝、起きがけに信じられない光景を目にしてしまいました。昨夜寝る前に時刻を合わせておいたのに、また少し遅れています。眠い目で時計を見ていたら、秒針の動きが少し遅いように感じました、すると次の瞬間、秒針が反対の方向に動き始まったのです、まさか!!ポルターガイスト現象か?と秒針を凝視してしまいました。しばらくして秒針は何も無かったかのように正方向に回転を再開しました。

これを機会に時計を買い換えます。

「さつき」

時計

                       6年使った時計、寿命かも?

satsuki-net * - * 21:40 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

8月14日 19年ぶりに小学校の校庭に戻った「黒磯盆踊り」

11日から黒磯に来ています、例年になく涼しいので助かるのですが、本当に今年の夏は雨の日が多い!!

100周年記念大会なので、昨年までは駅前の大通りで催されていた夏祭りが19年ぶりに黒磯小学校の校庭に戻って来ました。私にとってもお盆時期に黒磯に来ていた子供達にとっても懐かしい場所での夏祭り開催となりました。

12日は家族ほぼ全員が集合したので近くの居酒屋「みこし」で宴会。昨13日は仏様をお迎えしてから盆踊りに備えて女性達はゆかた姿になっていたのに、夕方から雨が降り出し盆踊りは中止になってしまったので、昨夜に続いて「みこし」でまたまた宴会となってしまいました。

順延になった今日も雨模様でしたが、夕方に開催の花火が揚がったので傘持参で小学校に向いました。駅前通りと違い広い校庭には中央には3階建ての大きなやぐら、ゆったりとした盆踊りエリアの外には出店が並んでいて、以前の夏祭りの雰囲気わ再現しています。

一通り出店を周ったところで案の定強い雨が降りだしました。孫達を開放されていた体育館に避難させ、出店で買った焼きそばを食べながら雨の止むのを待ったけど全く止みそうにない。早くも校庭は水たまりで湖上の盆踊り会場のような景色です。しばらくして今日の中止がアナウンスされたので渋々家に帰って来ました。

今年の夏休みは計画していたキャンプも那須岳ハイキングも天候不順でできず、孫達の作文の宿題は大丈夫でしょうか?

「さつき」

盆踊り

            水浸しの盆踊り会場

satsuki-net * - * 23:29 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

8月5日 江戸川花火大会

市川駅前の45階建てタワーマンションの16階に住んでいる息子夫婦からお誘いがあり、今日の「江戸川花火大会」観覧のため孫娘達と一緒に市川に向いました。周辺は大混雑が予想されているので午前中に早くも訪問、すでに周辺の道路は人通りが多くなっています。

花火を上げる江戸川区側の河川敷は息子の部屋のベランダの真正面に見え、ここは絶好の観覧ポイントです。すでに河川敷はブルーシートが敷き詰められていて観客が集まり始めています。

開演までは時間が十分、アルコールも適度に入り、子供達と孫娘達が作ったケーキで家内の誕生日祝いをしながら夕暮れを待つことになりました。

開演の7時になるとアルコール片手にベランダに出て、セットした椅子に座り、真正面に次々に上がる花火大会を楽しみました。風が穏やかだったため、連発花火は煙と重なってしまうこともあったけど、打ち上げ総数14,00発と大変盛大な花火大会です。よく船で行った銚子の花火大会を思い出しました。

これで孫達の絵日記の材料ができたことでしょう。

「さつき」

江戸川花火

             江戸川の東京側の河川敷から上がる花火

satsuki-net * - * 23:20 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

8月2日 いわき市へ

夏休みになった孫達を迎えるため昨夕いつも投宿しているいわき駅前のホテルに到着、駐車場のスタッフともすっかり顔なじみになっています。

朝、孫達の住むアパートに向かう途中、少し時間が早かったので、国指定史跡「甲塚(かぶとづか)古墳」に立ち寄りました。いつも通る6号バイパスが旧国道に向かって大きく左にカーブする内側の田んぼの中に見えている古墳で、以前から気になっていたのです。

近くの道路上に駐車して田んぼの畦道を150mほど歩いて直径が40mくらいの大きな古墳まで辿り着きました。看板の説明によると発掘調査はされていないものの、7世紀の建造と推定されるそうで、その時代にこの地域に大きな権力を持った人が住んでいたようですね。

その後3時間かけて孫娘達を千葉の我が家に連れて来たので、これからしばらくの我が家は戦争状態になりそうです。

「さつき」

 

古墳

                                  田んぼの中にある「甲塚古墳」

satsuki-net * - * 20:41 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

白馬地区へ

長野市内の施設をほぼ一筆書きで巡り終えたら正午になったので、リンゴ畑の中の道とオリンピック道路を通って途中「中条道の駅」で昼食タイムを取り、白馬地区に向かうことにしました。何度も通って慣れ親しんだオリンピック道路で、景色を懐かしがりながらのドライブです。

まずは途中で神代クロスカントリー会場(CCA)「スノーハープ」に寄り道をしました。夏季にはマウンテンバイクの競技場として活用されていて、管理棟の傍らには小さな売店も開店しています。

そして今回の最終目的の施設であるノルディクジャンブ会場(SJA)「白馬ジャンプ競技場」へ、サマージャンプは開催されていなかったけどいつでも飛べるような状態になっています。

ここで今回の会場(Venue)巡りツアーは予定通り終了です、管理系の施設はほとんど残っていませんでしたが、競技施設は「浅川のスパイラル」を除きそのまま利用されているものや、改装されて別の競技の施設として利用されていました。

地方都市なのにこれだけ立派な競技施設を多数揃えているのは長野でオリンピックを実施したからでしょう。

「さつき」

SJA

白馬地区のノルディクジャンブ会場(SJA)「白馬ジャンプ競技場」

satsuki-net * - * 21:59 * comments(0) * trackbacks(0) * - -
このページの先頭へ