<< March 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 4月25日 ‘66年高校卒業の学年会がありました | main | 手作り感のある三県境 >>

4月26日 黒磯から千葉へ

千葉への帰路に途中の「館林IC」で高速を降り、「分福茶釜」の由来のある「茂林寺(もりんじ)」に参拝することにしました。参道には20体もの信楽焼の狸がならんでいて、狸を全面に押し出している寺です。茅葺き屋根の古い本堂の中は拝観でき、茶釜や多くの狸にまつわるグッズが展示してありました。

高速へ戻る途中に「つつじが岡公園」の看板を見つけ寄り道をする事にしました。近づくにつれ大勢の観光客がバスや乗用車、それに徒歩で入口に向かっています、幸いにも入場ゲート近くの無料の場所に駐車でき入場券を買い公園内へ。

広い敷地に色とりどりのつつじが満開です、かつて見に行った笠間・那須・足利などと比較してもここのつつじの見事さは別格です、期間が一か月限定であることも考えると620円の入場料金は高くないと思える程です。

「さつき」

つつじが岡

         館林市「つつじが岡公園」のつつじ

satsuki-net * - * 21:33 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ