<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 浅川「ボブスレー・リュージュパーク(愛称スパイラル)」 | main | 白馬地区へ >>

7月19日 長野市のオリンピック会場跡巡り

朝9時に車で会場(Venue)跡地巡ツアーりに出発して、まずは駐車場になってしまった表彰式会場(WIN)の「セントラルスクエァ」を横目で見て、オリンピック遺産のループ橋を通り現在「負の遺産」として話題になっているボブスレー・リュージュ会場(BLA)の「ボブスレー・リュージュパーク(愛称スパイラル」に着きました。管理棟は小さな展示場として活用されていますが、壁はキツツキの穴だらけ、コースは老朽化していてこのままでは活用できないような状態になっていて少し悲しい気持ちになりました。

ループ橋を引き返してアイスホッケーB会場(IHB)の「アクアウイング」へ、ここは予定どおりに立派過ぎるスイミングプールに改装されています。次に清水宏保や岡崎朋美が活躍したスピードスケート会場(SSA)の「エムウエーブ」に行き「よくこんな大きな建物を作ったなぁ」と感心しながら記念写真をパチリ。

長野市は標高が380m前後の高地のため関東と比べてかなり涼しいのですが、真夏の日差しの中にいるとかなり暑い!!

それから長野の中心街に戻りメインプレスセンター(MPC)だった家電量販店横を通り、アイスホッケーA会場(IHA)の「ビッグハット」に駐車しましたが「アクアウイング」同様に内部には入れずオリンピックのマークを入れて証拠写真を撮ってから次へ。

駐車場になってしまった国際放送センター(IBC)跡地、これまた駐車場の組織委員会(NAOC)跡地を横目で見てからフィギュアスケート会場(FSA)の「ホワイトリング」へ到着しました。

受付が開いていたので「中を見学できますか?」と聞いたら「自由にどうぞ」とここで初めて内部に入り見学することが出来ました。スケートリンクは立派な板張りの体育館に変身していて大いに活用されている様子、大変嬉しい気持ちで記念撮影をしました。

次は長野市内最後の目的施設の開閉式会場(CER)「長野オリンピックスタジアム」に向いました。時まさに高校野球の長野予選の真っ最中で、周囲の駐車場はどこも満杯で建物には近づくこともできませんでした。

「さつき」

 

 

IHA

 長野運動公園にある「アクアウイング」、元アイスホッケーの会場

satsuki-net * - * 21:48 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ