<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 今夜のメインディッシュのステーキ | main | 11月17日 麻生から土浦へ >>

麻生ヨットクラブのクルーザーレース

今年の5月から毎月第一日曜日にクラブ員たちが集まってクルーザーレースをしていて、今日は今年の最終戦で土浦からSEKさんも合流してくれました。

本当に久しぶりの晴天の休日です、地元テレビ局のカメラを気にしながらのスタートになりましたが、風が穏やかなので迫力のある映像は撮れたのでしょうか心配です。多くの船が陸地側に向かって行ったので「さつきJr」は少しでも風のありそうな水面を探して沖の方へ、風はどんどん弱くなる中一時はトップに立ち他の船の写真を撮ったりして余裕のセーリングでした。上マークへの最後のアプローチをしているとほとんど無風になり船は完全に止まってしまいました。

一時は風が無いためと我慢していたけど、他の船は少しずつ動いています。まさかキールが湖底に着いたのかと考え船をヒールさせたりゆすったりしても全く動き始まりません、30分ほど奮闘していたでしょうか?、船底のほうから白いポリタンクが現れ船が動き始めました、ポリタンクのロープがキールに絡んでいたようです。

もう他の船は全艇上マークを周り終わり、2レグニ短縮されたゴール向っています、最下位確実でも最後まで走ろうと上マークを周ってからは今日は他の船が使っていないスピンを揚げてゴールラインにまっしぐら。やはりスピンの威力は凄い、一時は3位にまで順位を上げてこのままゴールかと思っていたけど寸前で風向きが変わり一度抜いた船に抜き返され4位でゴール、あの30分はなんだったのだろうか?

港に帰り艤装解除した後「白帆の湯」で遅い昼食を食べながら納会となり、年間成績で準優勝の賞状をいただきました。

2週後は土浦でも最終戦と納会があり楽しみがまだ続きます。

「さつき」

麻生

鏡のような水面で皆我慢比べのようなレース、この時点ではトップでした。

satsuki-net * - * 21:41 * comments(0) * trackbacks(0) * - -

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ